engawa

engawakan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 28日

涙の天保山PV見てね。

昨日ジンベイザメの写真を載せたタイミングでなんですが、今年最後のイカナベ宣伝。
かな?

「涙の天保山」のPVがイカルス渡辺ブログからごらんになれます。
何と言っても、俳優さんのセリフが全部イカナベの声って。。。
かなり笑えますw

http://icanabe.seesaa.net/article/111794651.html

是非クリック!


ひちゃおくん、来年もがんばってね。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-28 23:57 | イカナベ宣伝
2008年 12月 26日

走れ12月

f0196271_22155882.jpg


師走とは言いますが、ほんとバタバタと・・・

仕事が忙しいなら申し分ないんですが、色んな行事やなんやらと。



まだまだあと数日、忘年会やら忘年会やら忘年会やらで
バタバタと忙しくなんやかんやしてます。



昨日のクリスマスの海遊館は若いカップルの長蛇。
一回り以上違う若いカップルが子供に見えてしまう、おっさんカメラマンとおばはんライターは大水槽にベタ付きで
サンタの格好をしたダイバーを避け、「かいくん」「だいくん」「イトマキエイ」の撮影に必死でした。


さて、明日は今年最後の撮影。
水陸両用車に乗ってゴー!ゴ・ゴー!!!
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-26 22:50 | 写真と日々のあれこれ
2008年 12月 25日

もう、まだ、さらに、いやもっと


10年前、身体ひとつで奥さんを頂いたワタクシ。


解消のない私を前にほんとよく我慢してくれてます。

笑いの絶えない家庭をしっかりと築いてくれています。


ほんとにほんとにほんとにほんとに ありがとう。


もう10年ですね。

まだ、10年かな?

さらに10年、

いやもっと。

これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-25 12:00 | 写真と日々のあれこれ
2008年 12月 20日

花灯路

f0196271_33221.jpg


今日の京はお寒うございました。
何とも繋いだ手があたたかくってw

ぽっ。。。


左下のmoreから他の写真も見てね。

More
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-20 03:25 | 写真と日々のあれこれ
2008年 12月 18日

放て

f0196271_225197.jpg


ステージの上の女王様がかく言いました。

「最後の最後で立ち向かうのは一人だから・・・」

多くの人に支えられた感謝と勇気を知った人の言える言葉。
だって、心は一人じゃないんだから。

彼女の声には魂がこもってました。


人に何かを伝えるとき、真剣勝負でなければならない。
全力で向かわなければならない。

人にはその力があるはずだ。


今までに聞いた色んな言葉や教訓が頭の中をグルグル回る。
加速度をつけてゴウゴウと音を立て始めたなら
ビュンと空へ放てばいい。

きっと飛ばせる。
誰にだって。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-18 22:52 | 写真と日々のあれこれ
2008年 12月 18日

捨てられる〜!

このカテゴリー名を「オモローなこと」から「オモローな嫁のオモローな夢」に変えようかと思う今日この頃w
またしても、夜中に笑かしてもらいました。


学校の体育館、パイプイスにふんぞり返って座る僕。
シングルのスーツに白いワイシャツを胸元まではだけて、不機嫌な冷めた顔。
「もう、うんざりや。えぇ人の振りするんも疲れたわ・・・」

「えっ?」と驚く嫁さん。
パイプイスのそばで赤いものと一緒に洗って色写りしてしまったトレーナーを金だらいでゴシゴシ洗う。
「今まで全部ウソやったんや・・・子供のこと何ともおもわへんの?」

「なんともおもわん!浮気もバンバンしたったからなぁ〜!」
極悪非道なボクチン。

す、捨てられる〜〜〜〜〜〜!!!


そこら辺で夢はあっという間に終わったそうですが・・・w


いやいや・・・夜中に目ぇさまして、そんなこと言われましても・・・w
ねぇ。

やっぱり、「オモローな嫁のオモローな夢」に変えるべきよなぁ。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-18 01:22 | オモローな嫁シリーズ
2008年 12月 15日

「ありがとう」と「ごめんなさい」

f0196271_041392.jpg


「ありがとう」は心の感謝の表れ。
大きな感謝にはすぐにでる言葉だがが、
小さなことにはスッとでないことや言い忘れたりする言葉。

「ごめんなさい」は心の素直さの表れ。
小さな事にはすぐに謝れるのに、
大きな事だとなかなか言い出すのに「勇気」のいる言葉。

どちらも「人」としてとても大切な言葉です。
大人は身をもって子供達にこの2つの五文字の大切さをしっかり伝えなければいけません。



大きな過ち、小さな過ち、
私たちは生きている間にたくさん犯してしまいます。
人同士の衝突やすれ違いは仕方のない物事なのかもしれません。
だって、個人個人の生きてきた時代背景や環境はそれぞれ違うのですもの。

そこで出来た小さな溝は「時間が解決してくれる」と皆は言ってくれます。
しかし、「時間」自体は何も解決しません。
溝は大きくなりがちになります。
それを埋めて行くには「慈悲心」と「勇気」が必要なんじゃないかと気付きました。
*相手を思いやる。
*自らを改める。
*過ちを許す。
言葉ではとても簡単に言えますが、行動を取るのは本当に大きな「勇気」が必要です。


しかし「時間」は機会をくれました。
勇気を培う時間。
伝える機会。

皮肉にも伯母の死に際となってしまいましたが。

亡き伯母に対し、僕にも言えなかった言葉がありました。
結局、声を大にして言えることもなく、
息を引き取る少し前に伝えられたのか伝えられなかったのか・・・。

せっかくの機会を生かしきれなかった気もしてますし、もっと早くに伝えることが出来なかった自分をも責めます。
後悔の思いと共にそっと気持ちを綴った手紙を棺に入れました。

「ごめんなさい」そして「ありがとう」




溝に「時間」という砂が詰まって、「勇気」という杭を打ち、「ごめんなさい」と「ありがとう」という言葉の橋を架けなければいけません。


これからはもっと勇気を持って行動できるよう。
子供達への見本となるよう、精進しようと思います。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-15 23:59 | 写真と日々のあれこれ
2008年 12月 13日

大正 昭和 平成

伯母は小柄な身体でした。
おいしいものは色んな種類をちょっとずつ食べるのが好きでした。
能を舞う人でした。
メガネが知的でした。
祖母ともうちの母とも仲のよい人でした。
ハイカラで柔軟な考えをもつ人だったと思います。

私が知っている伯母は伯母の人生の中のほんの一部でしかないと思いますが、私の中では大きな存在のひとつであります。


大正14年生まれ、83年と11ヶ月という天命を伯母は全うされました。

心から尊敬し、ご冥福を祈ります。

合掌
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-13 16:00
2008年 12月 10日

ちっこいオッサン

ほら、よく芸能人とか「天使を見た」「妖精を見た」とかあるじゃないですか、
こないだも「ちっこいオッサンを見た」という芸能人がテレビでお話ししておりました。
で、回りにもそんな人いるのかな?と何人かに聞いてみたら、
親戚が・・・とかお母さんが・・・なんて話しもチラホラ。

皆さん見たことあります?


今日ご一緒したライターさんの従姉妹さんは見えていたらしく、
ちっこいオッサンとおっきいオッサンが追いかけてくるそうです。
おっきいオッサンは丸太のようなモノを抱えていて、
ちっこいオッサンは小槌で足の小指を叩いてくるそうです。

どんなオッサンなんでしょうね。
一回見てみたいモノです。

見た情報あったら、教えてくださいね。
よろしく〜!
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-10 20:55 | オモローな嫁シリーズ
2008年 12月 10日

すっかり

f0196271_20265731.jpg

秋も終わってしまいましたね。
[PR]

by kansuke0001 | 2008-12-10 20:34 | 写真と日々のあれこれ